open

其の71 任せたら我慢しなさい

危機感の有無

私は仕事柄多くの経営者の方や多くの従業員の方にお会いします。
会社の経営はオールORナッシングではなく程度の問題です。
一〇〇点はありません。
だからトヨタでも危機感を持っている。
むしろ大きな会社ほど危機感も強いかもです。
というか鶏と卵でしょうけれども、うまくいっていない会社ほど危機感が薄いとも言えます。

経営が危ない会社の共通点

私も仕事で会社再建の業務を何度も行っていますが、危ない会社に共通しているのはのんびり感です。
いわゆる危機意識の薄い。
そして他責の傾向が強いという事です。
業績が厳しい会社の他責で顕著なのが社長が部下について、仕事を任せたけど何にもできないという批判です。

簡単な言葉ですけど実は多くの社長が使っている言葉でもあります。
A君に任せたけど失敗した。
B君に任せたけど部下の統率が出来ない。
C君に任せたけどミスだらけだ。
このような言葉が飛び交っています。
この言葉は天に唾するものではないでしょうか。
部下が失敗したという事は社長の管理不足であったりいわゆる任命責任であったりするものです。

人に任せるために必要なこと

私は思います。
人に任せるには任せる実力が必要である。
例えば、従業員がやる気になるのはどういう場面でしょうか。
それは自分の納得目標を達成したときです。
では頑張れないときはどのようなときでしょうか。
社長から何を期待されているか不明であったり、結果をどう評価されているかわからなかったり、頑張っても給料が変わらなかったり、将来の方向性が見えなかったりした時に従業員は頑張りにくいものです。
一方この反対が出来れば従業員は頑張るとも言えます。

そもそも経営とは人を通じて物事を達成する技です。
この任せる能力を磨くことが社長には求められるのです。
言い換えると、経営とは平凡な人に非凡なことをさせる技でもあります。

四つの意識

このように任せる力が社長には重要な能力です。
ただ、任せればいいのか?任せたから失敗したではないか。
このような反論もあるでしょう。
当然どのくらい任せるのかは個別に微妙に違うものです。
ただ、四つの内容を常に意識することが必要だと思います。
①前に部下の能力を把握する。
②必ず報告を受ける
③ヒントを与える。
④最後の責任は社長がとる。
この四つの内容を意識して部下に任せる。
そこまで考えて任せることで任せて上手くいく可能性が高まるものと思います。
そして、一旦任せると多少のミスには目をつぶり我慢しなければなりません。
人の成長には時間がかかるからです。

つまり、任せる能力は社長自身の勉強がとても大切になります。
社長がそれだけ経営にかけているか、経営を勉強しているのかが試されているのです。

あなたは部下に任せていますか?

よく読まれている関連記事