open

其の78 令和二年 新春のお喜びを申し上げます

読者の皆様。新しい年になります。
みなさまもいろいろな目標があると思いますが、新年ですので私の目標を書きたいと思います。

外部環境ですが、景気は下がり目になるのではないかと思います。
数年の間でかなりの景気悪化が見られるとは思いますが二〇二〇年はかなり表に出てくる年とは思います。

景気は必ず循環しています。
リーマンショックから一一年経過してそろそろ小さな景気悪化が始まる頃かと思います。
大きな景気悪化が起きるかはわかりません。
会計業界も大手はより大きく、小さい事務所はより小さくなる流れはさらに激しくなると思います。
会計業界でも知名度、ブランドがかなりものをいう時代になってきています。
いわゆる企業としてどのように進むかという課題に直面している時代です。
以前は税理士や会計士を知っている人に頼むという時代でしたが、どんどん企業としての依頼に変化していっています。
今その渦中にある時代ではないかと思います。

このような環境の中で弊社は全国展開している会計事務所に対抗したいと思います。
いわゆる「九州の案件は九州で解決する」と言う事です。
九州は昔から独立国の様相を示す時代もあり、中央に支配される時代ありできていますが基本は支店経済と言われています。
特に日本史でも最大の中央の一極集中国家の中で中央の地方支配が強まる中で、地元の九州の案件は九州独自で解決すべきであるという思いがますます強くなってきています。

そのために二〇一九年は新しく「アネーラ税理士法人」を設立しました。
これにより全体で約八〇名・有資格者二〇名体制になり、いろいろな協力体制により業務の幅が広がってきています。
特に有資格者二〇名は九州の会計事務所で屈指ではないかと思っています。

二〇二〇年はこの体制を生かして九州の重要な会計・税務案件は地元の考え方に即して地元の知恵で解決に導く仕事をしていきたいと考えています。
これにより九州経済界に貢献する所存です。

また、私の考え方に共鳴する事務所も募集しております。
私たちと一緒にやろうという志を同じにする事務所の結集も目指したいと思っています。

三年をめどに三〇〇名体制を目指します。
これにより九州の重要な案件はすべて九州で解決できる体制が整うと思っています。

新しい年になり新しい課題が出てきますがその課題を楽しみたいと思います。
困難は乗り越えられる者に与えられる

二〇二〇年もよろしくお願い申し上げます。

公認会計士・税理士
藤本 周二

よく読まれている関連記事