open

高年齢労働者の雇用保険料免除措置の終了について

従業員を雇い、雇用保険加入要件に該当すれば、現在は年齢に関係なく、雇用保険の加入となりますが、平成二九年一月までの高齢者の雇用保険加入については、以下のルールがありました。

①六五歳以後に入社した人は雇用保険に加入できない
②六四歳以前から雇用保険に加入している人が引き続き六五歳以後も同じ会社で働く場合は例外的に雇用保険加入も継続する
③毎年四月一日時点で六四歳以上の人は雇用保険料が免除される

しかし、雇用保険法の改正により平成二九年一月から六五歳以上の方も雇用保険の加入対象になったことに伴い、下記のようになりました。

①年齢に関係なく働く時間等要件を満たせば雇用保険に加入となる
②今まで年齢を理由に雇用保険に加入していなかった人は、平成二九年一月に雇用保険加入へ
③雇用保険料免除の制度は廃止へ
(ただし、令和二年三月までは六五歳以上の新規雇用保険取得者含め、六四歳以上の人の保険料は免除されています)

この雇用保険料免除について、令和二年四月以降、雇用保険保険料免除期間が終了となります。
高年齢労働者に対しても雇用保険料(事業主・本人)の負担が発生することとなりますので、該当者がいる会社においては、ご注意いただければと思います。

毎年四月一日時点で満六四歳以上の方の雇用保険料が免除されているかと思いますが、平成二九年の法改正で、保険料免除制度が廃止になりました。
ただし、急に廃止となると実務上の影響が大きいということで経過措置が設けられ、保険料免除廃止の予定日は、令和二年四月一日となっています。

令和二年四月分以降の給与及び賞与について、雇用保険料が発生することになり、また令和二年度の労働保険年度更新でも雇用保険料免除が廃止となるので概算保険料についても増額となるかと思われますので、ご留意いただければと思います。

よく読まれている関連記事