open

『岩田さん岩田聡はこんなことを話していた。』

 

いまや世界を席巻するエンターテイメント企業、任天堂。
その代表取締役であった岩田聡氏が亡くなったのは二〇一五年。
多くの方に愛された、偉大なプログラマーであり経営者の早すぎる死であった。
本書は、そんな岩田氏と親交の深かったコピーライター・糸井重里氏が主宰する「ほぼ日刊イトイ新聞」に掲載されたインタビューや対談などから言葉を抜粋し、一冊の本にまとめたもの。
本書を書店で見かけるまで、岩田氏のことは存じ上げなかった。
この本に興味を持ったのは、
「MOTHER」という糸井氏が手がけたゲームのファンだったからだ。
その「MOTHER」の制作にあたって、破綻しかけていたプロジェクトを建て直した立て役者が岩田氏だというので、読んでみたくなった。

制作秘話が読めたらいいな、ぐらいの軽い気持ちで読み始めたが、
思いがけずとんでもない良書であった。
なかでも印象的だったのは、忙しい人が誰もが思うだろう「自分のコピーがいたら」という発想への述懐。
ご多分に漏れず、若かりし岩田氏もそう思ったそうだが、後年、
それはなんて傲慢な考えであったかと語っている。
人はひとりひとり違うから価値があるし、存在する意味がある。
仕事で出会ういろんな人たちに敬意を持って接することが、
自分の仕事をおもしろくしてくれるのだから、と。

この本には、人として、経営者として大切なこと、
そして人生をよりよく生きるためのヒントが詰まっている。
堅い言葉を使わず、とにかく平易な言葉で語りかけてくれる本書は、
折に触れて何度も読み返したい一生もののバイブルのように思えた。

(株式会社梓書院 前田 司)

よく読まれている関連記事