open

光触媒と銀イオンを発生し、有害物質を除去する照明器具タイプで九州展開

新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する国民の意識が高まったことから、次亜塩素酸水やアルコールを含んだ消毒液、高性能なマスク、温度変化の少ない換気システムなど、ウイルス対策関連商品が売れている。
ウイルス対策製品の市場は、今後も拡大するものと期待される成長分野である。

九州に新たなコロナ対策商品が広がろうとしている。
「aiSave(アイセーブ)」CCFL抗菌ライト(以下、アイセーブ)なる商品だ。
一見すると蛍光灯であるが、通常のライトとして使用しながら、光触媒と銀イオン(Ag+)の相乗効果で細菌、ウイルス、カビ、悪臭、花粉などといった有害物質を減少させるライトだという。
開発したのは、神奈川県横浜市西区のファーストネーションズ㈱。

仕組みはこうだ。
ライト表面に特殊な技法で塗布された光触媒(チタンアパタイト)が反応し、ライト表面に強力な酸化分解作用を起こす。
そこで強力な活性酸素が発生して有害菌やウイルス、臭いの粒子、花粉やダニなどの有害物質を水と二酸化炭素に分解してくれる。
また、ライトの表面にはナノシルバーと呼ばれる純銀のナノ微粒子が塗布されており、プラズマ放電によって銀イオンを空気中に放出、除菌・消臭・防カビ作用を発揮するという。
空気中の有害物質だけでなく、壁や床、テーブル、ソファなどまで作用するというからありがたい。

さらに、発生した銀イオンは数時間にわたる持続力があるため、施設全体の壁や天井、床や器具等に付着し、細菌やウイルス、カビ等が繁殖しにくい空間をつくる。
その結果、使う時間が長くなるほどに、その効果が大きくなるようだ。
製品の寿命もLEDと同等の50,000時間と長く経済的である。

これから九州展開を本格化するのは、アロマ事業や環境事業を手掛け、アイセーブ販売の特機事業本部としてトップクラスの販売実績を誇る㈱ブランドラボ(愛知県名古屋市、新谷正社長)である。
九州での展開について新谷氏は「アイセーブはすでに、公共施設や病院、福祉施設、ホテル、ドラッグストアなど様々な施設などで導入が進んでいる九州での展開を一気に加速させたい」と意気込みをみせる。
今後、九州で販売代理店を増やすが、その統括は㈱インテリジェンスキーマン(福岡市中央区、小林秀幸社長)がブランドラボのパートナーとして手掛ける。
施設と空間全体がウイルス対策できるとなれば、大きな前進となる。九州での展開に期待したい。

アイセーブの商品に関する説明は、下記URLからご覧いただきたい。

環境対策事業(aiSave)

よく読まれている関連記事