open

福岡県移動スーパー参入促進費補助金

福岡県は、買い物が困難な地域を車で巡回し、移動販売する事業者に補助金を支給する。
「福岡県移動スーパー参入促進費補助金」の名称で、登録事業者は、地元スーパーの食品や日用品を車に積み込んで、移動販売を行うというものである。

対象となる事業は、①地元のスーパーが自社で車両を購入し、自社の商品を移動販売する「直営型」と②移動販売事業者が車両を購入し、地元スーパーの取引を引き受けて移動販売する「連携型」の2種類がある。

補助率は、1/3以内で限度額は150万円だが、市町村から補助を受けることが条件で、市町村からの補助額を超えない範囲での補助となるため確認が必要である。
また、補助率と補助額については、新型コロナウィルス感染拡大の影響の影響を受けている中小企業の状況を考慮し、売上高が前年同月比で15%以上減少している場合は、補助率を1/3から5/12(市町村負担含め3/4)、補助限度額を150万円から198万5000円に引き上げられるようだ。

補助対象と認められる経費は、車両購入費・改造費、通信運搬費、広報費、借料・損料、備品費、専門家謝金、委託費、交通費、雑役務費、印刷製本費である。

申請受付期間は、随時受付となっているが、予算額に達した場合は、その時点で受付終了となるので、事前に確認されることをお勧めする。
問い合わせ先は、福岡県中小企業振興課地域経済係。福岡県のサイト内でも確認することができる。

過疎化や高齢、家庭の事情で買い物のために外出できない人たちが増えている。
コロナ禍ということもあり、その傾向は強くなっているようだ。移動式販売というと、非効率な商いのようなイメージもあるようだが、地域の人たちと固い信頼関係を築くことができる責めの商売ともいえる。
これからの販売のスタイルとして注目すべきものだといえるのではなかろうか。

 

よく読まれている関連記事