open

「福岡よかとこビジネスプランコンテスト2021」

福岡県は、「福岡よかとこビジネスプランコンテスト2021」の募集を始めた。

締め切りは8月30日。

地域の魅力や強みを活かして地域の課題を解決するような新しいビジネスを創出することを目的としているものだ。

 

コンテストの対象となるのは、福岡県内で創業する計画を持っている人やこれから新たな事業を始めようと考える人で、詳細は次の通りとなっている。

 

・創業予定地(市町村)を特定すること。

・福岡県内に移転しなくても、地域内に何らかの拠点をおいて事 業を開始する場合も可能。

・福岡県内において3年以内の創業を計画していること。
すでに創業している場合でも、202年6月15日以降に創業(法人の登記又は個人事業の開業の届出を福岡県内で行うこと)している(応募開始時点で創業1年未満)であれば対象となる。

・現在事業を行っていても、新たなビジネスに挑戦する場合は応募可能。
ただし、新たな法人を設立する見込みがあることが必要である。

・応募は1人1件までで、法人、団体での応募は不可。

・過去に当該コンテストに応募し、最終審査会で発表したビジネスプランについては対象外。
しかし、事業内容の大幅な改善・変更がある場合は応募可能とする。

 

コンテストの募集テーマは、

・福岡県内の地域の魅力や強みを活かす新しいビジネスプラン

・福岡県内の地域課題を解決する新しいビジネスプラン

であること。

コンテストでは、賞と賞金も設けている。

表彰するのは大賞と、部門賞。大賞は賞金50万円、部門賞は賞金10万円となる。

部門賞とは、地域への波及効果が期待できるものと評価する「地域活性化賞」と実現の可能性が高いと評価される「ビジネスモデル賞」、応募者の起業家精神に期待が持てる「チャレンジマインド賞」がある。

 

表彰制度に加え、コンテストの応募者に対するサポートもある。

例えば、地域中小企業支援協議会が創業までのサポートを必要に応じて提供する。

1次審査合格者には、ワークショップも開催する。

福岡県ベンチャービジネス支援協議会ビジネスコーディネーターや市町村、商工会・商工会議所、金融機関といった地域中小企業支援協議会構成団体などとディスカッションを行い、事業計画書のブラッシュアップを図ることもできる。

また、2次審査前に委託事業者のコンサルタントに事業計画作成に関する相談を受けることができる。

 

支援金の応募対象にもなる。

2次審査参加者には起業支援金の交付及び事業の立ち上げ等に関する伴走支援も行うようだ。

 

コンテストのスケジュールは、9月上旬に1次審査、12月上旬に2次審査、来年1月中旬に最終審査を経て受賞者を決定する予定である。

応募期限は、令和3年8月30日(月)12時00分(正午)。

 

応募に関する問合せは、福岡県ベンチャービジネス支援協議会(福岡県商工部新事業支援課内)

電話:092-643-3591

コンテストで受賞すれば、認知度を高める効果が期待できるが、応募し自分のプランの可能性を知ったり、専門家と話すことで計画のブラッシュアップを図ることも期待できる。

温めているプランがあれば、チャレンジしてみるのもいいのではないだろうか。

 

よく読まれている関連記事