open

『ながーい5ふん みじかい5ふん』

 

1年のラスト月の絵本に学ぶ仕事術も10回目を迎える。
こうして書き続けてこれたのは、よい絵本を与えてくださる不思議なめぐり合わせのお蔭様。
「10年分の感謝」を以て、今月の絵本をお届けしたい。

 

絵本の主役は幼稚園年長くらいの男の子。
彼の目線でとらえた日常にある「5ふん」について描かれている。
それは「まだ5分」、「もう5分」、「たった5分」。

 

「ぼくは気づいた。どうやら、5分って、ぼくとパパたち大人とは違うらしい。
大人の5ふんは、ぜんぜん楽しくないし、たいくつだ。
待ってばかりでもうくたびれちゃうよ。
こんな時のぼくの5分はすごく長い。
それなのに、ぼくのための5ふんはあっという間。
楽しいことは、ほんとにすぐに終わっちゃうんだ。
5分ではぜんぜん足りない。
それに、大人はすぐにこどもの時間を奪うんだ。
だから時々、パパのお膝で最高の5ふんをもらうんだけどね」

と、男の子の気持ちを想像して意訳してみた。

 

時間は、こどもと大人でも違う長さを持っている。
それだけでなく、同じ空間で過ごしていても、時間は誰にでも一定ではない。観測者によって異なるという。

 

この1年やり切った!と、この時点で言える人もいるだろうし、あ~やっとこの1年が終わる!と新しい2022年を待ちわびる人もいるだろう。
逆に、2021年度はまだある!と、可能性を信じて努力を続ける人もいるだろう。

 

私にとって、今年は絵本のプロデュースもあり、あっという間だった。
そして、時間は自在であること、
そして有限であることも感じる一年だった。
もう1年でもあり、まだ1年という気持ちもある。

 

これは、コップに入った水を『もう』と捉えるか、『まだ』と捉えるかの違いを指すコップの水理論的思考だろうか。

 

思い出したのは、経営の父と呼ばれるp・Fドラッカーの話。
「コップに『半分入っている』と『半分空である』とは、量的には同じである。
だが、意味はまったく違う。とるべき行動も違う。世の中の認識が『半分入っている』から『半分空である』に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる」
(イノベーションと起業家精神より)

 

コップを「人生時間という器」に、水を「自分の可能性」と捉えたとき、あと5ふん、まだ5ふんの感性は、同じように未来を描く力になるかもしれない。
みなさんはどんな1年でしたか?

 

文: リズ・ガートン・スキャンロンオードリー・ヴァーニック
絵: オリヴィエ・タレック
訳:木坂涼
出版社: 光村教育図書

 

有限会社ウーヴル(https://oeuvre.jp/
代表取締役 三宅 美穂子

よく読まれている関連記事